FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もやります

  • 2014/01/13(月) 19:24:08

とっくに松が取れていますが明けましておめでとうございます

今年も私抵抗制御をお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。


さて、1月でございます。

1月といえばこれですよね

http://www.fuefuki-kanko.jp/content/kawanakajima/

はい、川中島合戦戦国絵巻の参加申込が始まりしたね。

去年演出兵として出陣して、1週間ほど筋肉痛に悩まされたにも関わらず、今年もまたもや演出兵に申し込みましたw。

バカダネェ

まぁ、楽しいからいいんですw。

まだ若干(もしかしたらかなり?)余裕があるみたいなので、皆さんもいかがでしょうか?


という訳で新年のご挨拶でした。

スポンサーサイト

HAVE A NICE FLGHT

  • 2014/01/24(金) 23:10:18

先日、私達は2014年初の大仕事を終えました。

その仕事とは、

「TAKE OFF〜ライト三兄弟〜」 (原作:小林賢太郎プロデュース公演(KKP)#005) を生徒500人の前で披露するというものでした。


校長先生の命令で、文化祭の際にやったクラス企画の再演みたいな感じで行うこととなったのですが、文化祭とは配役が異なったため、台詞や動きを1からやり直さねばなりませんでした。

さらに日程がなかなか決まらず、モチベーションが下がって練習に身が入らず担任から説教を食らったことも有りました。

日程が決まってからも、試験などが有り時間を割く事があまり出来ない日々が続きました。

毎日遅くまで学校に残り練習を続けました。それでも時間が足りなくて、とうとう通しのリハーサルをすることなく本番を迎えることとなってしまいました。


そして迎えた本番当日。



とても怖かったです。


私は幕が開く直前まで、戦いの神「毘沙門天」のご加護を願い真言を唱えていました。


そして開演


正直、真剣に見てくれる人たちはあまりいないだろうと期待していなかったのですが、裏切られました。


話し声もなく、そっぽを向いている人もなく(おそらく)
おそらくというのは、ピンスポットなど照明の関係で客席が見えなかったからです。

皆、真剣な眼差して私達の劇を見ていてくれました。


私達演者も、リハーサルよりも声が張っていたように思えます。


劇中でどんぶり勘定の大工、織部さんが何度も言っていた台詞

「やってやれねぇ事はねぇ」

まさにこれだと思います。

クラスが一丸となって行ったからこそこの舞台が成功したのだと思います。

そして迎えたフィナーレ。

やりきったという達成感よりも先に、大きなトラブルもなく終えられたという安心感が私の心を包みました。




とても辛かった日々だったが、夢のように楽しい日々だった。


K・I先生、そして2−Dの皆、

本当にお疲れ様でした



ここで、筆を置くこととします。

では


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。